積読本が溜まっていく。

積読本がいっぱいあります。
今、持ち歩いている本はかれこれ3ヶ月選手で読みきれていない。
警察ものなので、読んでしばらく経つと忘れて戻って、の繰り返しなのでどうにもならない。
普段は電車で本を読むようにしているのですが、最近は電車で寝落ちしてしまい全然ページが進まない。
その本が悪いわけじゃなく、今がそういうタイミングなんだと思っています。
私は、小説は心身ともに元気じゃないと読めません。もしくはものすごく心が弱っているときは現実じゃない世界を欲します。
そういう時は優しくて、穏やかでなにも起こらないようなお話を読んでしまいがち。
怒涛なエネルギーのあるお話は、ぐわんぐわんと振り回される感覚になるので好きなんですけどね。
だけど、本を読むことで自分から物語に没頭するって結構体力を必要とするので、小説じゃなくてマンガだったり、ドラマ映画に逃避しがち。
マンガは読みやすい。ドラマ映画は座っているだけで物語を進めてくれて、お話の中に誘ってくれるのでありがたい。
そんな感じで、今は本を読みたいと思っているけれど、心は元気でも電車内で本を読む体力がなく読めていません。
最新で積読本に追加されたのはこの2冊。

 

カゲロボ

カゲロボ

 

いつも、誰かに見られている……。最初は他愛のない都市伝説の筈だった。しかし、イジメに遭う中学生、周囲から認知症を疑われる老人、ホスピスに入った患者、殺人を犯そうとする中年女性など、人生の危機に面した彼らの前に、突然現れた「それ」が語ったことは。いま最注目の作家が描いた、ささやかな「罪」と「赦し」をめぐる傑作。

 

 

6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む (ハーパーBOOKS)

6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む (ハーパーBOOKS)

 

 パリ郊外の断裁工場で働くギレンは、本を“死”へ追いやる毎日にジレンマを抱えている。生き延びたページを持ち帰っては翌朝の通勤電車で朗読して“往生”させるのが日課だが、憂鬱な日々はある朝、持ち主不明の日記を拾った時から変わり始め―。 

 

この2冊、まだ読んでないけど、6月になる前までに読み終わったらいいな。

今読んでいる警察ものはいったん保留にさせてもらおう。

木皿泉さんは大好きな脚本家で作家さんなので見かけたら必ず買います。

2冊目はなんとなく選んだ本。

疲れているとき、本が読みたいと思ったとき、パッと目に留まった本はその本に呼ばれている、ということを聞いたことがあるので、そういう本はなるべく買うようにしています。(そして積読本が増える。。。)

今年も残すところあと半分。もう少し、読書量をあげていきたいと思います。

婚活記録。①はじめたきっかけとか。

始めるきっかけとそれまで。

1年前の春に婚活を始めました。
地元の集まりで、既婚者・子持ちばかりの状況にどこか焦りを感じてアプリを登録しました。
これが大きなきっかけではありました。
当時、合コンや婚活パーティと対面で知り合うものはまだしも、アプリというのは私にとってハードルが高いものでした。
周囲でやってみたという人は聞いていたし、実際に結婚したり、恋人が出来たりという話も聞いていました。
ただ、決して可愛いとかスタイルがいいという括りにはなれない私にとって、アプリや連絡等々のやりとりでは悪くないと思われていても、実際に会って、これじゃあ。。。と思われる不安もあり、出来れば最初から対面式のものがいいなぁ。と思っていました。
それでも始めてみたきっかけは友達の旦那さんが言っていたという「自分から幸せを掴みに行くのは大事。」という一言。
待っていてもどうにもならずに30歳になって、前年に転職をしてみたものの、更に出会いは減ったような状況。それならば、思い切ってみるのもいいかもしれない。と思いました。
とりあえず、私も幸せを掴みにいってみようやってみよう。
その中の友達に勧められたPairs。そのうちの友達もやっていて、ユーザーも多いしいいんじゃないかということで始めてみました。

いざ始めてみる。

登録をしてみたら、いっぱい届くいいねの通知にドキドキ。
当時、30歳になりたてでしたが、20代前半から50代まで幅広い年齢の人たちから届くいいねに既にげっそりし始めました。
それと同時に、参考として見られる女の子のクオリティの高さに怖気づいてみたり、悲喜交々。

私が相手に求めるものとは?

山のように届くいいねの中から私がピンと来た人にいいねを返していきました。
その中で私が意識していたものは

身長

 私が164cmあるので、出来れば175cmくらいの人がいい。

年収

 私が薄給なので、出来れば私より年収+100万円は最低でも欲しい。一生働く気はあるけど、子供に苦労は掛けたくないじゃない。授かるかは別だけれども。

顔・雰囲気

 本当に普通のお方でよいのです。あ、苦手。ってならなければそれで。
 ただ、プロフィール写真での判断は難しいなぁと思ったりしました。きっと会ってみればいい人もいるんだろうけれど、私の中の判断基準のようなもので、パッと見でアリかナシかで選んでいました。

たぶん、一番重視していたのは身長でした。
生きてきていて、知らず知らずのうちにそれほど大きいわけでもないけれど身長がコンプレックスのようになっていたのだと思います。
年収については、今一歩って思っている人が400~600の括りにいたら、いいねを返し、純粋にいいなと思った人ならば、300~500の括りにいてもOKとしていました。
そして、800~1000の人は怖くて、なんとなく敬遠していました。
あと、個人的な感覚として、自営の社長さんとかよりも会社勤めの人のほうがよかったのです。
会社勤めでもその年収をもらっている人は私なんかではなく、分かりやすくキラキラした女性を選ぶだろうと思っていました。今でも思っています。

連絡をマメに取る

私は元々筆不精なところがあります。
それでも相手のことを知る第一歩として連絡を取らねばなりません。
延々と続く、いろんな人とのご趣味は、なんて呼べばいい、休みの日は何をしている、どこで遊んでいる、どこに住んでいるという同じような会話の繰り返し。
誰とどんな会話をしたのか、何の話をしたのか、どんな人なのかは読み返してその度に思い出していました。
ここで、ちょっと変化球の質問や内容になると一歩抜け出したような、印象として残るような気がしています。私にはそんな能力はありませんでした。
ただ、個性的過ぎたり、とんでもないことを聞いてくる人は印象には残ってもそこでおしまいでした。
(2通目くらいでSかMか聞かれたり、胸の大きさを聞かれたりもありました。笑)
私の性格上、最初の頃は生真面目に返信して、こちらから切るということが出来なくて、ストレスに感じたりもしていました。
だんだんと、返さなくてもいい・進展はないという雰囲気を掴んで返信を辞めてしまったり、返信が来るのが楽しみな人には少し多めに返したりと自分の中で使い方のコツのようなものを掴みました。
あまり興味の持てない人は日に1通とか、返信が来るのが楽しみな人は朝・お昼・夜と返したりとどうしても違いが出てきてしまっていました。

会ってみる?

私の中で婚活1期・2期とあるのですが、1期でお会いしたのは計4名。
大体がお誘いいただいてお会いすることになりました。
結構、お昼からお出掛けをして、そのまま食事でもと提案してくる方が多かったです。
私の趣味がサッカー観戦や映画鑑賞なのでお話をしていると自然とそうなってしまうのも分かります。
私としては、お相手が私と合わない・私がお相手と微妙だと思ってしまったときに、1日過ごすのはしんどい気がして、出来るだけ平日の夜に会って食事をして、夜は半強制的に帰れるようなスケジュールにするようにしていました。
ランチとかもいいけれど、食事をしてその後どうします?となり、微妙な空気になりますよね。
会うとなるときは、連絡の返信がそれほど苦じゃないと思っている頃にお誘いいただくことが多かったです。
数通だけ連絡をして、会いましょうというのは思い切れなかったけど、とりあえず頑張って会ってみました。会ってみないと分からないことってたくさんあるし。と。
なんのためかも分からないけれど、備忘録としてとりあえず書いてみている。

恋人の有無を隠すか隠さないか。っていう話。

ここ1年の出来事は婚活をして、彼氏が出来て痛い目を見て泣いて。
懲りもせずに婚活をして、彼氏が出来て、最近は楽しく穏やかに生きています。
 
そこで最近気になった、会社の人たちに彼氏がいるという話をするかどうか、というお話。
配偶者がいる場合は、自然と話をすると思いますし、みんなが共通認識をすると思います。
それじゃあ恋人の話は?人それぞれではあると思いますが、飲み会等でも恋人の有無は気軽に聞かれたりします。
結婚はまだなの?はセクハラだなんだで避けるのに、恋人は?は意外と聞いてくる気がする。
 
今まで何度か転職をしてきましたが、そこでも今でも私は仲のいい人には彼氏が出来たり、何かあったら話したりしていましたが、別におおっぴらに彼氏がいまーす。と宣言はしてきませんでした。
恋人と呼べる存在が居ても居なくても聞かれた場合は「残念ながら。」「いやぁ。」とかとか適当なこと言っていました。今もそんな感じです。
仲のいい子。一緒にランチに行ったり、プライベートな話をする子。そんな子には話したり、相談したりもするのできっと漏れ伝わっていたりはするかもしれないけれど。それでも仲のよくない人(上司とか同僚でもちょっとそこまで砕けた話をするわけじゃない人)自分から言ったりはしませんでした。
これは私の場合。
 
今の職場の後輩ちゃんは飲み会の場で普通に彼氏の話をするし、後輩ちゃんと私と社内のお偉いさんで食事に行って、恋人の有無を問われると居ます。って嬉しそうに答えている。
強いな、と思いました。
その子は飲み会の場でも普通に彼氏とのデートの話をしたりしている。
思い返してみれば、結構飲み会の場で恋人の有無を問われて素直に答えている人はそこそこいた気がしてきた。
それでその食事の席でお偉いさんが最近の若い子は自分から恋人の話をしてくる。と言っていたので思い起こしてみることに。
ギリギリ昭和生まれの私よりも年下の人たちが素直に答えていて、年上の人たちは居ないって言いながらも本当は彼氏がいたりする印象があります。あくまでも私の周囲の話ですけど。
私としては、極々プライベートな恋人の有無の話だし、なんか気軽に上司に話す気にはなれません。他人の話は聞いちゃうし、聞きたいし、上司の結婚エピソードとかもガンガン聞いちゃう。笑
都合のいい話だとは思うけど、私はそうしてしまう。やっぱりどこかで、仕事とプライベートは別という意識があるのかもしれません。
 
そこでふと、そもそも私ってそういう話を他人にするのが苦手なんじゃないかということに思い当たりました。
私は惚気るのがたぶん苦手。あんまり素直に惚気られないし、素直に彼氏のこと大好き♡なんて、友達には言えない。
精一杯言っても「でも大事だとは思ってるよ。」程度の感じ。
それでも仲のいい子には彼氏のことを大事だと思っているのは伝わっている。…はず。
ここに行った、これをした、こんなことが起こったという話はするけれど、嬉しかった、楽しかった、とかは言えない感じなのかなぁ。
ついでに人に話すときも、向こう、あっち、あの人と呼称することが多いです。彼氏とかは言えない。
なので変な現象として、その会話の中でずっと友達は彼氏の名前を呼ぶけれど私は呼ばないということが起こったりします。
私は不器用だけどちゃんと伝わってるよ。と言ってくれる彼に甘えてはいますが、もうちょっと素直に愛情表現が出来ればよいのになぁと思ったりもします。

最近、彼との関係も少しずつ変わってきているので、もう少し素直になれるといいな、と思います。

今度こそブログを書こう。

年に数回来るブログをちゃんと書こう!欲がふつふつと湧き上がっております。
たぶん、原因のひとつは約10年やってきた大切な場所を失ったからだと思います。
そこにはいいこともやなことも書きなぐっていたので、そういう場所を失って結構しんどかったりする。
だけどブログは気負ってしまってしっかり書かなきゃと思って、なかなか書けない。
はてな記法をうまく使いこなせないジレンマもある。
だけど、ちょっとずつ何か書いていけたらいいな、とも思っています。
ダイアリーを移設する際にうっかりもう1個ダイアリーを作ってしまったので、そちらで日常のことを書いていってもよいかも?と考えてもいます。
そんな感じでぼんやりと生きています。

何度目の宣言か分からないけれど、元号も変わることだし、心機一転、頑張れたらいいよね。

2019

2019年の目標及びやりたいことリスト。

毎年書いてちゃんとその後整理出来ていないけれど、今年こそは。随時更新、変更予定。


1.貯金
 金額は具体的には書けないけど、とりあえず目標金額は設定。節約頑張ります。本当にこの年でこの金額ってくらい貯金がないです。自分でも引いてる。アルバイトしようか悩んでいます。

 

2.ダイエット
 去年から目標にしているダイエット。今年に入ってから停滞どころの騒ぎじゃないくらい変動がないので、頑張ります。


3.仕事
 とりあえず、仕事が出来るうちは仕事を頑張ろうと思います。物理的な問題で出来なくなるかもしれないけれど。


4.恋愛
 昨年秋に出来た彼氏とこれからも仲良くしていきたい。目指せ1年記念。


5.映画30本
 映画を映画館で30本観る。配信とかを入れたらもう少し観たい。


6.舞台5本
 ジャニーズ舞台以外を5本観たいです。


7.旅行
 1人でプチ旅行もしくは東京都の離島に行きたいです。あとは今年中に伊勢か台湾に行きたいとずっと思っています。


8.美術館
 美術館や博物館に今年は足を運ぶ年にしたいです。


9.断捨離

 お部屋が本当にぐっちゃぐちゃなのでどうにかしたい。GW中と思ってたけどね。

 

10.趣味

 なんか趣味を見つけたい。ジャニーズも映画も好きなんだけど、なんかこれといった趣味はないので趣味を見つけたい。

 

 

ひとまずここまで。(2019.05.09)

繋がる道と枯れない想い

今更感がいっぱいのお話ですが、先日、東京ドーム公演に行って、6人体制の関ジャニ∞を見て、ようやく現実としてじわじわ私の中に広がっています。
多分、ジャニーズJr.として好きになった初めての人です。*1

あぁ、やっぱりもう関ジャニ∞渋谷すばるはいないんだということを実感してきました。

 

*1:一番最初に好きになった芸能人ははやっぱり香取さん。

続きを読む

もしも二人出逢ってなければこんな瞬間をすごすことはなかったよ

なんかもっと別の書きたいことがあったんだけど、とりあえず。
タッキー&翼 解散していました。
滝沢秀明は年末で引退してジャニーさんの後継者へ。
今井翼は退所済みで治療に専念して、引退はせず。
寂しいよー。この前、すばるの居ない関ジャニ∞を見てきて寂しい!って思ったばかりなのに。
タッキー&翼は好きだけど、FCに入っていたわけでもなく、舞台もコンサートも観に行ったことはあるけれど積極的に追っていたわけでもないジャニオタの戯言です。

 

続きを読む